Restore Distance

距離復元

連結するパーティクル間の距離をオリジナルの距離に保つように伸縮させます。
元の形状を保つように働きかける、最も基本的な制御となります。

パーティクルの連結は次の3タイプがあります。
このうちStructタイプは必須ですが、BendとNearタイプはオプションとなります。

タイプ 説明
Struct 元の構造からパーティクルを連結します。
Bone ClothではTransformの親子構造から、Mesh Clothではメッシュポリゴンの連結情報から構築されます。
Bend 元の構造からStructタイプのさらに1つ先のパーティクル同士を連結させます。
このbend連結を行うことで形状が崩れにくくなります。
Bend連結はオプションです。
Near 元の構造は無視して、単にパーティクル同士の距離が近いものを連結します。
この連結は形状を強固に保ちますが、変形しにくくもなります。
Near連結はオプションです。

それぞれのタイプの連結例は次の図のようになります。

  • Struct連結

元の構造に沿って連結されます。

  • Bend連結

元の構造に沿って、パーティクルを1つ飛ばして連結されます。

  • Near連結

元の構造に関係なく範囲内のパーティクルが連結します。

これらはクロスモニターの[Struct Distance Line][Bend Distance Line][Near Distance Line]をチェックすることで確認が可能です。

 

各パラメータの内容は次の通りです。

名前 説明
Struct Point Struct連結の有無。常にON。
Struct Stiffness Struct連結の強度。
値が大きいほど、復元速度が早くなります。
Bend Point Bend構造連結の有無
Bend Max Connection 1つのパーティクルに対するBend連結の最大接続数。
多くすると形状が強固になりますが、負荷が高くなります。
Bend Stiffness Bend連結の強度。
値が大きいほど、復元速度が早くなります。
Near Point Near構造連結の有無
Near Point Length 連結するパーティクル間の距離です。
Near Stiffness Near連結の強度。
値が大きいほど、復元速度が早くなります。
Velocity Influence 速度影響。
低く設定することで、急激な移動に対してパーティクルが暴れる問題を低減できます。
ただしパーティクルの慣性も失われて行きます。