Magica Image Viewer

 

概要(About)

Magica Image Viewer はUnityEditorに好みの画像を表示することができるエディタ拡張機能です。
画像はプロジェクトアセットのものでも、単にディスクに保存されている任意のものでも構いません。
ビュワー画面では簡単な操作で拡大縮小やスクロールが可能です。
ビュワーのソースコードや表示される画像は、プロジェクトのビルド内容には一切干渉しません。

機能(Feature)

  • UnityEditorに好きな画像を表示しながら作業ができます
  • Windowsエクスプローラー/Macファインダーからドラッグアンドドロップで画像切り替えが可能です
  • 画像の拡大縮小やスクロールが簡単に操作可能です
  • 読み込める画像は現在JPEGとPNGフォーマットのみです
  • PNG画像は透過処理が行なえます
  • 操作方法をキー/マウスに自由にカスタマイズ可能です
  • ビュワーのソースコードや表示されている画像は、プロジェクトのビルド内容に一切干渉しません
  • フルソースコード付き
必要条件(Requirements)

  • Unity2017.1以上
  • Unity2018.3動作確認済み
インストール方法(Installation)

1.UnityからAssetStoreウインドウを開き、MagicaImageViewrをインポートします。
2.インポート後には次のディレクトリが作成されます。     

YoureProject/Assets/MagicaImagerViewer

使い方(Workflow)

1.画像ビュワーウインドウを開く

Windows/Magica Image Viewer を選択して画像ビュワーウインドウを開きます。
ウインドウはUnityEditorに任意にドッキング可能で、幾つでも開くことができます。

2.画像を読み込む
(win)エクスプローラーや(mac)ファインダーから画像をビュワーウインドウにドラッグ&ドロップすることで、自動的に画像が読み込まれます。

3.画像の操作
初期状態ならば基本的な画像の操作は次のようになります。

  • マウス左ドラッグ…画像のスクロール
  • マウス右ドラッグ…画像の拡大縮小
  • マウスのホイール…画像の拡大縮小
  • マウス左ダブルクリック…画像操作のリセット
  • 「F」キー…ファイルオープンダイアログ
  • 「C」キー…画像のクリア
  • 「E」キー…フィットモード変更
  • 「R」キー…画像操作のリセット

4.ツールバー

ツールバーにより基本的な操作を行えます。
(1) 画面のクリア
(2) 画像の初期表示モード選択(フィットモード)
(3) スケール変更
(4) 画像の読込みダイアログを開く
(5) 設定画面を開く

5.フィットモード
画像読込み時のウインドウへの配置方法を選択できます。

  • 「VerticalFit」 … 画像の縦をウインドウに合わせます
  • 「HorizonFit」… 画像の横をウインドウに合わせます
  • 「BoxFit」… 画像全体をウインドウに収まるように合わせます
  • 「ImageSize」…画像そのものの解像度で表示します

6.設定
ツールバーの[]を押すことで、設定画面が表示されます。
ここでは表示方法や操作方法をカスタマイズすることが可能です。
設定は右下の「Set Default」ボタンを押すことでいつでもリセットが可能です。


設定はPCの共有領域に保存され、UnityEditor間で共有されます。(プロジェクト毎には保存されません)
これらはUnityEditorのPreferance設定などと同一です。

7.透過処理
設定の「Transparent PNG」をチェックすることで透過処理が行われます。
また、「PNG alpha color」を変更することで、アルファ部分のカラーを選択可能です。

よくある質問(Q&A)

Q.表示中画像の保存先はどこですか
A.各ウインドウで読み込まれている画像に関しては、画像のファイルパスのみが保存されます。
これらはプロジェクトごとの YourProject/Library/CurrentLayout.dwlt に保存されます。

Q.UnityEditor起動時に前回の画像を表示したくない
A.UnityEditor起動時に前回の画像を表示したくない場合は、設定の「Reload image when start editor」をOFFにしてください。

Q.TGAファイルなどが読み込めない
A.現在読み込めるのはJPEGファイルとPNGファイルのみとなります。

Q.画像が荒い気がする
A.Windows10のスケールモードの影響が考えられます。

この拡大率が100%を超える場合はUnityEditorも自動でスケーリングされます。
この結果、ビュワー画像も引き伸ばされ実際の解像度より荒く表示されてしまいます。
これを回避するにはスケールモードを100%にするか、もしくはUnityEditorのプロパティから「高DPI設定」をチェックし、エディタを等倍で起動する必要があります。

近日公開(Coming Soon)

  • 画像の反転/回転
  • スライドショー