Clamp Rotation

最大回転角度制限

親を基準に傾けることができる角度を制限することが可能です。
これにより前髪などのあまり元の形を崩したくない制御が可能です。

次の例は前髪の角度制限を始点(0度)から終点(25度)に設定したものです。

緑のラインがオリジナルのパーティクル位置です。
現在の水色のラインがそれぞれ中点(12.5度)から終点(25度)の角度制限を受けていることが分かると思います。

各パラメータの内容は次の通りです。

名前 説明
Clamp Angle 制限する角度です
Velocity Influence 速度影響。
低く設定することで、急激な移動に対してパーティクルが暴れる問題を低減できます。
ただしパーティクルの慣性も失われて行きます。

 

Mesh Clothでの親子関係

Bone Clothでのパーティクル親子関係はTransformの親子関係がそのまま適用されますが、Mesh Clothの場合はパーティクルの始点から終点に向けて自動的に親子関係が構築されます。
構築された親子関係はクロスモニターの[Rotation Line]により確認することが可能です。
次の例は単純なプレーンメッシュの上方をすべて固定パーティクルと設定した場合の親子関係です。

オレンジのラインがパーティクルの親子関係を示しています。