インストールガイド

Unity2018.4.0(LTS)以上のバージョンが必要

MagicaClothの動作にはUnity2018.4.0(LTS)以上のバージョンが必要となります。
また動作にはJob System+Burstコンパイラの設定が必要なため、下記のセットアップから順に実行するようにしてください。

 

Unity2020での実験パッケージの表示設定

Unity2020ではメニューからEdit -> Project Settings… を選択し、画像のようにプレビューパッケージの表示設定が必要となります。

 

 

Burstパッケージのインストール

メニューから[Window]->[Package Manager]を起動します。
画像のように[Burst]パッケージを選択してインストールを行ってください。

 

Jobsパッケージのインストール

メニューから[Window]->[Package Manager]を起動します。
Jobsはまだ(preview)のため、[Advanced]メニューから[Show preview packages]を選択し、(preview)パッケージを表示させる必要があります。
(Unity2018 / 2019のみ)

previewパッケージが一覧に表示されたら、次のようにJobsパッケージをインストールしてください。

(Unity2018のみ) Collections/Mathematicsパッケージのインストール

Unity2018を使用する場合は追加で[Collections][Mathematics]パッケージをインストールしてください。
Unity2019以降では自動でインストールされます。

エラーが発生する場合

もしここまでの工程で次のようなエラーが発生する場合はパッケージの依存関係が問題となります。
これはパッケージのバージョンアップなどにより度々発生します。

この場合は次の手順を行って下さい。
(1) 一旦[Jobs][Burst][Collections][Mathematics]パッケージをアンインストールする
(2) [Jobs]パッケージをインストール

これで現在の[Jobs]に合ったバージョンの[Burst]パッケージが自動でインストー
ルされエラーが無くなるはずです。

 

Magica Clothのインポート

[Windows]->[Asset Store]を開き、MagicaClothをインポートしてください。

パッケージはAssets/MagicaClothフォルダにまとめられます。

サンプルシーンの実行テスト

Unityの設定やMagica Clothパッケージに問題がないかサンプルを動かしてテストしてみましょう。
サンプルはExample/Sceneフォルダに5つ収録されています。

UnityChanClothSampleシーンをダブルクリックし、ロードしてください。

サンプルシーンを実行してみましょう。
Unityちゃんの髪やスカートが問題なく揺れていればインストール完了です。

 

Exampleフォルダは削除可能

Exampleフォルダ以下は不要であれば削除可能です。

 

ECSとの併用

MagicaClothをUnity Entity Component System(ECS)と併用するためには次の設定を追加してください。
この設定はUnity2018.4 / Unity2019.2のみで必要です。
Unity2019.3以上では設定の必要はありません。

エディタメニューからEdit->Project Settings..->Playerを開きます。
ConfigurationのScripting Define Symbolsに[MAGICACLOTH_ECS]を追加してください。