Render Deformer

概要

レンダーデフォーマはアタッチしたレンダラーのメッシュ頂点を変形させる機能を持っています。
MeshCloth / MeshSpring を使用する場合は必須となります。

 

モデルインポート設定

設定前に使用するモデルのインポート設定を確認する必要があります。
次の設定が有効になっている必要があります。

項目 説明
Read/Write Enabled メッシュへの読み書きを許可します。
ONになっている必要があります。

 

メッシュは実行時にクローンされる

レンダーデフォーマの対象となるメッシュは実行時にクローンが作成されることに留意してください。

これはSharedMeshを直接書き換えられないというUnityの仕様上の制限によるものです。

法線と接線の再計算

デフォルトではメッシュはフレームごとに法線と接線が再計算されます。
法線と接線の再計算は変形したメッシュに対して適切なライティングを行うためには不可欠となります。
ただ、この再計算処理はかなりの計算コストが必要となります。
もし、お使いのシェーダーがライティングを不要とするものであれば、法線と接線の再計算をOFFにすることも可能です。
OFFにすることで計算コストがかなり削減されます。
[Normal And Tangent Update Mode]を[None]に設定することでOFFにできます。