Physics Manager

物理マネージャ

PhysicsManagerはMagica Clothコンポーネントの全体を管理するマネージャです。
シーンに必ず1つ必要となります。

シーンに配置する

MagicaClothを動作させるためにはMagicaPhysicsManagerをシーンに配置する必要があります。
すでにプレハブ化されていますので、次のプレハブをシーンに配置してください。

 

プロパティ

MagicaClothの物理エンジンを更新する頻度などを設定します。
基本的には初期設定のままでほとんど問題ありませんが、プロジェクトに併せて調整した方がパフォーマンスの面で有利な場合もあります。

項目 説明
Update Per Second 1秒間あたりの物理エンジンの更新回数です。
更新回数が多いほど物理エンジンは強固になりますが、パフォーマンスが犠牲になります。
初期設定は90回です。
Update Mode 更新時間の実装方法です。
[Unscaled Time]
更新はUnityのフレームレートに関係なく実行されます。
フレームレートがゲーム中に変動する場合に有利です。
ただし1フレーム間に複数回物理エンジンが実行される場合があり、パフォーマンスに波が生じます。
[Once Per Frame]
更新はUnityの1フレームに1回だけ行われます。
この場合は1回の更新でUpdate Per Secondの時間ステップだけ物理エンジンが進みます。
フレームレートがゲーム中にほぼ一定の場合は、こちらのほうがパフォーマンス的に有利です。
このモードを使用する場合は[Update Per Second]をゲームのフレームレートに合わせる必要があります。

 

マネージャは破壊されません

PhysicsManagerはシーンが破棄されても削除されない設定になっています。
基本的にはゲームで最初にロードされるシーンに配置しておくことで、そのゲーム中は常に有効になります。